ロマンチックに演出

彼女のためにロマンチックなプロポーズシーンを演出して婚約にこぎ着けたいと奮闘する男性に対して、笑顔で受け入れたいと願う女性は多く、その最たるものがサプライズで贈る婚約指輪である事はご周知の通りです。外国映画や最新動画サイトでみるサプライズは男性の演技力がすばらしく、さすが欧米とため息が出ますが、今時の若者もけしてひけをとっていません。

当の女性たちは男性よりは冷めた目で見ておりサプライズ以上に指輪が自分の好みかどうか、サイズが合っているかどうかの方を気にかけています。やはり婚約指輪がプロポーズに占める存在感は大きいものがあります。婚約指輪が女性たちのニーズに沿ってさえいればサプライズは八部通り成功していると心得ましょう。そうなると男性が受けるプレッシャーはとても大きいものになってしまいますが、日頃からどれほど彼女をしっかり観ているか、あるいはわかろうとしているかなどの彼氏としての真価が、プロポーズの時に問われていると思って正解です。

不安がある人はそれとなく彼女の友達経由で内密のリサーチをしておく事もオススメです。彼女が観ている雑誌やらブランド名やらあるいは性格やらをしっかり見ておく事も重要です。その実自分の指にぴったりはまる好み通りの指輪をプレゼントされたら、それこそが最高のサプライズなのです。さすがに女性からは言いづらい部分ですから、指輪はいらないと遠慮する事を言う可能性も大ですが、彼氏なら本音を察してあげる優しさが欲しいところです。もちろんダイヤモンド付きです。この際ダイヤモンドの基礎知識も合わせて勉強しておきましょう。

参考情報≪http://gala-okachimachi.com/fair/fair_e2.html≫
ダイヤ付きの婚約指輪を取り扱っているガラOKACHIMACHIです。

指輪活用で婚約演出

定番の婚約指輪を渡すというだけでも充分彼女にはうれしいハプニングですから、心と一緒にプレゼントできればプロポーズはまずます成功と思っていいのです。たまに喜ぶ彼女の表情を記録に残したいとビデオに収める男性もあり、けんかをした時や結婚記念日に2人で観れば愛をさらに深めあえる事でしょう。サプライズで彼女にこっそり贈りたいという男性も多いのですが、注意すべき事は彼女の指のサイズと好みを間違えない事です。

これが婚約指輪を当日渡すのに難儀する一番の理由です。本番当日は指輪以外の何かを贈り、プロポーズ後ゆっくり2人で選びにいくというパターンが増えていますし、自分でサイズと好みのものを選びたいという女性も実際いますから、とても賢い仕方です。お互いにつきあいが長い事だし特にお返しはいらないという場合でも、彼氏が大金をはたいて買ってくれた指輪への返礼をしたいと考える律儀な女性も増えていて、ペアの時計や旅行券あるいは彼氏が欲しがっていたものや、結婚指輪の代金など様々なものを贈るというケースも目立ちます。

彼氏は期待も何もしていなかったかもしれませんが、彼女の心使いにほっこりする事請け合いです。こうしたお互いの心使いでなおいっそう愛が深められ、しっかりとした絆で結ばれていく事でしょう。プロポーズの場所は行きつけのカフェや自宅でも良いですし、思い出に残るような夜景が美しい場所や公園あるいはホテルロビーなどが人気スポットになっています。お互いに山が好きなら2人で上っていた山でもいいでしょう。二人の空間を確保できてリラックスムードで語り合える場所である限り、どこでも良いのです。

婚約をサプライズする

婚約に指輪は付きものと考えるのは1つ前の世代までです。今時の若者の多くは必ずしも指輪が必須とは考えず、夫婦茶碗ならぬペアの腕時計やネックレス、花束などですませるかまったくプレゼントなしで済ますといったケースも増えています。婚約指輪を節約した分を新婚旅行や披露宴費用にあてるというカップルも多く、大変堅実で頼もしい限りなのですがいざもらってみるとうれしい笑顔になっている女性がほとんどですから、基本的に女性は婚約指輪が欲しいと思っているという事になります。

このご時世ですから彼氏に遠慮して欲しいと言い出せないでいる女性も多いですから、男性はそれとなく察してあげるべきです。しかしながら貧困にあえぐ男性は高価な指輪などとても買えないのも現実ですし、円高の世界経済を見渡すと結婚すら躊躇してしまう男性が増えても不思議はありません。実際多くの女性は男性が思っているほどお金が欲しいとは思っておらず“結婚しよう”の一言に感動したという声や、安物であっても自分のために一生懸命指輪を探してきてくれた行為で満足したという声も多いのです。

極端な話しガチャガチャで見つけたおもちゃの指輪でもいいのです。婚約に伴う演出も外国映画ではドラマ仕掛けの派手な演出が目立ちますが、同じ事を口べたな日本男子に期待するのは酷です。もちろんムードいっぱいの演出に果敢にものぞむ男性も多くいます。女性は基本的にロマンチックなシーンが大好きですから、バラの花束をもらっただけでも感激するはずですし、その勢いでプロポーズをすれば確実にOKがもらえるはずです。同時にわざとらしい演出よりも自宅でさりげなくプロポーズされるのを好む女性が多いのも事実です。